Latest Entries

高額商品をやっちまったする人

友人の仲の良い知り合いの独身男性(仮にAさん)が最近家を建てたそうです。
独身で一戸建てを新築するというのは、ちょっと前からひそやかなブームになっているみたいで、時々家関係の雑誌とかでも
みかけますが、自分で自由に設計してこだわりの家をたてるというのは、究極の贅沢ですよね。

興味があったので、友人にいろいろ聞いてみたところ、マンションと違い一戸建てはゼロから立てていくため、打ち合わせ等も大変だったそうですが、その時期はかなり家づくりに熱中しているため、まったく苦にならず、逆に喜々としていろんな苦労話を話してくれたそうです。

ただ、どうも以前から綿密に計画を立ててといった感じではなく、気づいたら貯金が凄くたまってて、衝動的に家が欲しくなったタイプのようで、まずマンションを検討したけどそんなに急に気に入ったマンションが見つかるわけでもなく、中古のマンションはファミリータイプが多くてまったく気に入らず、だったら一戸建てとどんどんこだわりが強くなっっていったらしいです。

結局あっという間に土地を見つけてローンを組んで家を建てたそうですが、時々こういう思い立ったら、周りがなんといおうがお構いなしに猪突猛進で物事をすすめちゃう人っていてますよね。
一応まわりに相談するふりはするけど、アドバイスなんてまったく求めていないため(ただ自分の思いを熱く語りたいだけ)相談される人は結構迷惑です。

そんなAさんですが、無事新居に住みはじめ暫くすると、まるでつきものが落ちたように熱が冷めてしまったらしく、やっちまっと後悔しているそうです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ
にほんブログ村






民泊禁止

少し前にマンションの規約が変更され「民泊禁止」が追加されました。
私は気づかなかったのですが、一時期頻繁に外国人の方が出入りしていたことがあり、時々夜遅くまで騒音があると住人から苦情があったそうです。
うちのマンションはゴミ置き場が施錠できるようになっているのですが、そういえば一時期施錠されたごみ置き場の前にペットボトルやお弁当の袋が放置されていることがありました。

こういった状況があったため、もともと明確に民泊禁止の規定がなかったマンション管理規定に「民泊禁止」を追加するという提案があり可決されました。もし違反した場合は規定に基づいて対応ができるため、最近管理規定に追加するマンションが増えているそうです(管理会社談)

マンションを購入するのは、実需(実際に住む)が目的ではなく投資目的という人が少なからずいます。
投資目的で購入したマンションを賃貸に出してもなかなか借りてが見つからない場合、民泊サイトに登録したりするのでしょう。

実際に住んでいる住人からすると、不特定多数の人間に出入りされることによるセキュリティの問題やマナーの問題など、マンションを民泊に使用されていいことはひとつもありません。
しかし、こういった民泊禁止の規約も、結局は住人の多数決で決まるため、投資目的のオーナーが多いマンションでは管理規定に追加することを却下される可能性もあります。

また少し前まで民泊という概念自体なかったので、実際に被害がでるまでは管理規定を変更されない可能性もありますが、今後はマンション購入時のチェック事項に追加されていくのではないでしょうか。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ
にほんブログ村








人は「自分がいかに気の利かない人間か」を知ることができない

このブログで、時々職場の人間関係を愚痴ってプチストレス発散させてもらっていますが、問題(と私が勝手に思っているだけですが。。)のある行動をとる人はなぜそれを自分自身で気づくことができないのかなと思っていました。

でもこれ脳科学的には脳の癖なんだそうです。
なぜ能力の低い人ほど自分を「過大評価」するのか

記事では「ユーモア理解度の順位の低い人ほど自己評価の高い傾向がある」らしく、その特徴として
1.能力の低い人は自分のレベルを正しく評価できない。
2.能力の低い人は他人のスキルも正しく評価できない。
3.だから、能力の低い人は自分を過大評価する。

確かに話が全然おもしろくもないのに妙に偉そうで自身満々な人ってい実際いるので、あたっている実感はあります。
と納得しながら読んでいると衝撃の一文がのっていました。

この効果を初めて知った人の多くが「たしかに自分を勘違いしている人はいますね。身近な人の顔が具体的に思い浮かびますよ」と笑顔で答えてくれることです。つまり多くの人は「まさに自分が該当する」かもしれない可能性に思い至らず、自分を棚に上げて、他人に例を探し始めるのです。


これ、つい2行前に私が記載している事そのままではないですか!
あー、びっくりした。。まさに「人のふりみて我がふり直せ」のことわざどおりですね
この記事の教訓として、自分の能力を適切に測れないのは多かれ少なかれ誰にでも発生するので、せめて職場等の公共の場ではできる限り「謙虚かつ真摯」に行動することを心がけたいと思います。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ
にほんブログ村








Appendix

プロフィール

Author:Neodymium
一人暮らし暦10年超のアラフォー独身女子です。ほっとくと1日中部屋でダラダラ生活してしまう超インドア派の家大好き人間。お一人様の老後におびえつつも日々のほほんと考えている事を綴ってます。

 

amazon

アクセス